読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来年度、どうするか?

1年更新の雇用の方法なので、継続するか辞めるか検討し始める時期になりました。

校長面談にて気持ちを伝えます。

 

ありがたいことに今の校長先生は、いつでも話を聞いてくださるので、気持ちの整理がつかなくなったときなんかも、「面談」のようにちゃんと時間を設けなくても、行けばたくさん時間を割いてくださいます。

 

前の方は、面談するから来て、って言われて

『来年もよろしくね🎵』

で終了!でした。

何の話も聞いてもらえなかったので、やっぱ辞めたろか!って、面談中も過りましたね。

 

 

私はみなし公務員です。

特に規定が無いところはどこも、継続任用は3年程度で色々理由を付けて再任用になっているところが多いとは思うのですが、12年間通う子どもたちに変わらぬケアを提供するには

その半分位は継続任用しますよ、って取扱要綱を改定して欲しいな、って常々思っています。

 

それにしても、1校あたり医療的ケアを必要とする児童生徒数の平均14.1名に限りなく近い本校の子どもを毎日みているのは、責任者の私だけで、年休もままならないこのシステムは何とかして欲しいです。

 

小児看護学会では

都道府県全体の医療的ケアの安全とケアのレベルを継続保障するため、医療的ケアを必要とする児童生徒20名につきマネージメント機能を果たす正規雇用の看護師を1名配置する。ただし、設置主体ごとに最低1名は配置する。

と提唱しています。