読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胃ろうからのペースト食注入の具体的な話。

今日、『そっか』と思うことがあったので、具体的な話を。


設問形式で。
基礎疾患は考えず…

対象児童Aさん。
胃ろう(ボタン型14Fr)より昼食時、給食のペースト食を150ml注入。
胃の容量、約100mlにて1回量50mlを20分休んで3回に分けて注入。
ストレスを感じやすく、胃が荒れやすい。胃残に褐色の小さなツブがある事がしばしばあり。

本日のメニュー
①ごはん(150ml)
②豆腐とワカメの味噌汁(具20ml汁80ml)
③鶏肉の照り焼き(80ml)
④春キャベツとアスパラガスとハムのフレンチサラダ(20ml)
⑤フルーツカクテル(55ml)
※味噌汁の具と汁は分かれている

どんな比率で、どんな順番に注入してもらうか、考えてみてくださいませ。

ちなみにわたしは1品ごとシリンジに吸い上げて注入します。
胃にも味覚受容体があるんですって‼
なので、~食べるよ🎵って声かけながら1品ずつ食べてもらいます。


わたしが注入するとき注意していることや順番、量は明日以降に。
ちなみにAさんも想像の方だし、給食の内容についても、わたしが勝手に考えたメニューです。