読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学校看護師の求人 

昨日の記事、厚労省のデータによると、平成18年から平成26年までに、看護師の数が倍増しています。

それだけ対象が増えているのですが。

 

 
さて、これからの時期、求人があがってきます。
 
なので、求人と待遇関係のことを少し。
 
学校看護師として勤めたい方は、小学生以上のお子さんをお持ちの方が多いのではないでしょうか?
理由は…なんといっても、春夏冬休みがあること!
子供が学校に行っている時間帯の勤務であること!
病院では喉から手が何本も出るくらい、欲しくて仕方ない中堅看護師の皆さんですが。
 
ナースバンク等に登録されている方は、そちらから探されるといいですが、
わたしは登録していないのでハローワークから探しました。
 
はじめのページで、パートを選択して求人情報詳細条件入力を選択します。
フリーワードに『医療的ケア』と入力し、免許資格に看護師のコード『1803』を入力すると、ヒットしてきます。
 
どの自治体も大体1200~1800円の間で6時間程度の条件ですね。
先日話題になった鳥取の学校もまだ募集しているようです。
 
<休憩時間付与義務>
使用者は、労働者に対して、労働時間が6時間を超え8時間以内の場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与える義務を負っています(労働基準法34条1項)。
となっているため、しっかり45分休憩を明記しているところと、6時間・休憩なしのところがあります。
わたしは6時間・休憩なしの形の雇用形態ですが、良識の範囲以内で水分と糖分の補給を10分以内くらいで済ませています。ただ、実際6時間で帰れる日は3か月に一度くらいです。なんとかせねば。